第7回CoderDojo静岡・開催報告

2019年1月6日、第7回CoderDojo静岡を開催しました。

会場はいつもの番町市民活動センター(大会議室)です。

2019年最初のCoderDojoです。明日から学校が始まるため、中には「冬休みの宿題が終わらない〜!」と泣く泣くCoderDojoをお休みしたニンジャ(子ども)もいたようですが、今回も多くの方に参加していただきました。

初めて参加の方が6名・2回目以降の方が11名、保護者が11名、チャンピオン・メンターが6名、見学(ゲスト)が2名。合計36名の参加でした。

Scratchが2.0から3.0にバージョンアップして初めての開催ですが、特に大きな混乱はなくニンジャ(子ども)たちは新しい環境にすぐに慣れたようです。

いつものように、初めて参加の方向けにCoderDojo静岡の説明とScratchで簡単なプログラムを作ってみました(ねこ歩きとねこ逃げ)。いままでパソコンにほとんど触れたことがなかった低学年のニンジャも一生懸命作品を作ってくれました。

2回以上参加しているニンジャは、家で作っているプログラムの続きを作ったり、友達とプログラムを見せ合ったりして楽しみました。また、ユースメンターから、Sciratch上にあるCoderDojo静岡のスタジオの紹介がありました。スタジオには自分が作ったプロジェクトを登録してみんなに見てもらうことができます。これからプロジェクトが増えていくのが楽しみですね。

また、メンターのAさんがmicro:bitを組み込んだロボット(?)を披露してくれました。子どもたちは興味津々です。

最後は作品発表タイムです。初めて参加のニンジャも自分で改造したプログラムを発表してくれました。算数や理科の問題を出題するクイズ形式のプログラムなどもあり、とても楽しい発表会でした。

また、パソコンの提供などでお世話になっている、キッズラボのSさんがUnityで即興で作った対戦ゲームを披露してくれました。プロが使うプログラミング環境などが垣間見れて、子どもたちにとっても刺激になったと思います。

今回も皆様のご協力によって無事にCoderDojo静岡を開催することができました。ありがとうございます!

次回、第8回CoderDojo静岡は2月3日(日)です。皆様のご参加をお待ちしております!