第13回CoderDojo静岡・開催報告

第13回CoderDojo静岡を開催しました。

日時:2019年7月7日(日) AM9:30~AM11:40
会場:静岡市番町市民活動センター

【参加人数】(CoderDojoでは参加する子どものことを「ニンジャ」と呼びます)
ニンジャ(初参加):7名 (2回目以降):17名 保護者:14名
メンター:6名 ユースメンター:3名 ゲスト(見学):1名
合計:48名

CoderDojo静岡を初めて、今回の開催で1周年を迎えることができました。
多くの参加者や保護者のみなさん、ボランティア、そして各支援団体の皆様に支えられて活動できることに本当に感謝です。ありがとうございます!

今回も多くの方が参加してくれました。

いつものようにCoderDojo静岡の説明に引き続き、初めて参加した子どもたちを対象に、ハンズオンで「ネコ歩き」と「ネコ逃げ」を一緒に作りました。今回はメンターの、のりかつさんが講師を務めてくれました。

今回は初めてScratchに触れた子も多かったのですが、みなさんすぐに操作方法やプログラミングの要領を覚えて、作ったプログラムを改造したり、キャラクタを追加して動かしたりして、自分の発想で楽しむことができるようになったようです。

わいわいコーナーでは、CoderDojo静岡に2回以上参加している子どもたちが、自分の作品を作りました。家で1人で作っていると行き詰まってしまうことも、ここでなら友達やメンターに質問をすることができます。

中には、超大作(?)をもくもくと作っている人も。いつか完成してみんなに見せてくれることを楽しみにしています!

後半は恒例の発表タイムです。
今回は7人の子が作品を発表してくれました。
アクションゲームを作っている子、アニメに登場するアイテムなどをプログラムでシミュレーションしたり、入力した数字が「素数」かどうかを判定するプログラムなど、高度なプログラムもあり、みんな確実にレベルが上がっていることを実感しました。

CoderDojo静岡の参加者が作った作品の一部は、CoderDojo静岡のScratchスタジオにも掲載しています。ぜひ御覧ください。

次回は8月4日(日)の開催です。